河川基金とはキービジュアル

寄付者の皆様へ

 

 

ご寄付の御礼


令和2年4月1日から令和3年3月31日までの一年間に、「一般財団法人 宮崎大淀川スポーツセンター様」や「前田建設工業株式会社様」「釧路・リバー・プロテクション・21の会様」をはじめとする、団体や個人の皆様から2,435,756円のご寄附をいただきました。寄付者の皆様に心より御礼申し上げます。

ご厚志につきましては、河川基金として管理し、その運用益を河川の治水・利水・環境に関する調査、川づくり団体の活動や学校での河川教育を支援する助成事業のために有効に使わせていただく所存でございます。
 

 

公益財団法人 河川財団
理事長 関 克己

紺綬褒章 公益団体として内閣府より認定

河川財団は、内閣府(賞勲局)より「紺綬褒章」の公益団体認定(褒章条例ニ関スル内規 第2条)を受けました(平成29年6月28日付)。褒章の一つである「紺綬褒章」は、公益のため私財を寄付した方々(個人では500万円以上、法人では1,000万円以上)を対象としています。平成29年6月28日以降、河川財団へのご寄付(河川基金への寄付または一般寄付)をいただいた方で上記条件を満たす場合には「紺綬褒章」の授与申請を致します。

寄付金の税法上の優遇措置について

 

当財団は、内閣総理大臣より「公益財団法人 」としての認定を受けております(認定日は平成25年3月21日、法人登記日は同年4月1日)ので、当財団への寄付金には上記の河川基金への寄付金及 び一般寄付金のいずれについても特定公益増進法人としての税法上の優遇措置が適用され、所得税(個人)・法人税(法人)の所得控除等が受けられます。

 

詳しくはこちら