最高の1日

2022/06/03 レポート

■助成番号
2022-6111-010

■活動種別
その他

■実施場所
馬入水辺の楽校

■実施期間
5月29日(日)

■実施団体
NPO法人 暮らし・つながる森里川海(呼称:湘南いきもの楽校)

■代表者
臼井 勝之

■報告タイトル
最高の1日

■本文
ワークショップ「湘南スロー」がスタートしました。
「ゆっくり生きる」「暮らしの質を高める」をテーマに、参加者が企画立案し実行していきます。事務局の役割は下支え。後継者の育成に繋げます。
草木染を皮切りに、ドクダミチンキづくりやミツバチ飼育、椿油づくりなどを楽しんでいきます。
5月29日の草木染には14家族、46人が参加し、植物を採取したり、煮たり、染めたりなど、最高に楽しい1日となりました。染料の素材は水辺の楽校にあるものばかり。収穫作業中にアカテガニやクロベンケイガニなどがゾロゾロ出てきて、こちらも楽し。桑の実も美味しくて、ちびっ子たちは大忙し。
いつの間にか秘密基地もでき上がっていました。あっぱれ!

※この日、草木染を楽しんだ人たち。子供22、大人20、スタッフ4人=46人
とにかく楽しい。次回は7月18日の予定です。

■写真1
染料の素材は水辺の楽校にあるものばかり。ハルジオンをゲット。

■写真2
植物繊維のサラシを染めるにはタンパク処理が必要です。
豆乳と水を1:1、20分ほど浸けました。

■写真3
ヨモギの抽出液づくり

■写真4
色落ちしないよう、ミョウバンに浸します。
ハルジオンは色が黄色に変身。その瞬間、オオッという歓声が湧き上がりました。

■写真5
とにかく楽しい。大満足の1日となりました。