雨にも負けず!
熱中!お魚調べ

2021/04/13 レポート

■助成番号
2020-6111-008

■活動種別
その他 

■実施場所
馬入水辺の楽校

■実施期間
2021年3月28日(土)

■実施団体
NPO法人 暮らし・つながる森里川海(呼称:湘南いきもの楽校)

■代表者
臼井 勝之

■本文
今年度最後の催しは、大人気のお魚調べ。30名を超える生きもの好きが集まりました。
雲行きが怪しかったのでありますが、「午前中は曇り」の予報を信じて決行。しかしながら、崩れるのが早くて、あれまあ!の天候となりました。でも、誰もめげません。雨にもマケズで、カゴの中から石を出したり、入れたり、魚をバケツに入れたりなど、お父さん、お母さんパワー全開のお魚調べとなりました。
成果は上々。大きなウナギが8匹、稚魚4匹、モクズガニやカワアナゴなどが多数が捕獲され、石倉カゴの効果がまたまた、立証されました。協働している「桂川・相模川流域協議会」もこの3月に茅ヶ崎側に1基新設。これで3基のモニタリング用石倉カゴが設置されました。調査の成果を元に、護岸の根固め等に設置してもらえるよう、推進していきます。次回の調査は5月30日。ご参加お待ちしております。

※この日お魚調べを楽しんだ人:子供16、大人12、講師1、スタッフ3=32人

■写真1
楽しきかなお魚調べ! このショットが全てを物語る

■写真2
網の中の石を取り除くと何やら動くものが!

■写真3
出ましたウナギ。  この瞬間、ちびっ子の歓声が沸き起こります。
この日の最大は53センチ、250g。

■写真4
効果絶大、石倉カゴ。ハゼの仲間もいっぱい

■写真5
記録が大事です