野遊びまつりに市民1000人

2020/11/25 レポート

■採択助成番号
2020-6111-008

■活動種別
その他 

■実施場所
馬入水辺の楽校

■実施期間
2020年11月14日(土)

■実施団体
NPO法人 暮らし・つながる森里川海(呼称:湘南いきもの楽校)

■代表者
臼井 勝之

■本文
湘南いきもの楽校主催の「野遊びまつりin馬入水辺の楽校」が11月14日開催され、多くの市民で賑わいました。当日はクズのつるの輪投げやネイチャーゲーム、バンブードラムで音遊びや原っぱ電車、大凧揚げ、凧作りのワークショップなどが展開され、子供達の元気な声で溢れました。
夜の部は竹灯篭やガラス瓶キャンドルに火が灯り、来場者を魅了しました。
馬入水辺の楽校の素晴らしさを知ってもらおうと企画したもので、ワークショップ「ミズベリングin馬入水辺の楽校」で検討を重ねました。
何よりも嬉しかったのは、会員を始め、地域ボランティア「ゆとりすと」やひらつか着地型観光推進協議会、相州凧の会、湘南平塚鉄道協議会、ひらつかNPOフュージョン長池など、30人近くのボランティアが参加してくれたことで、当会の目標であるエコミュージアム設立に弾みがつきました。来年はさらにスケールアップしていこうと考えています。

■写真1
幸福の黄色い凧が空を舞いました。凧揚げ初心者がほとんど。みんな夢中になりました。

■写真2
「相州凧の会」の内田敏夫さんのが大凧を揚げてくれました。

■写真3
「湘南平塚鉄道協議会」の協力で原っぱ電車が走りました。トーマス君大人気でした。

■写真4
「片山どんぐり」さんの音遊び。ちびっこの人だかりができました。

■写真5
恒例のストラックアウトやクズのつる遊びも大人気。ネイチャーゲームも楽しみました。

■写真6
キッチンカーも大好評、昨年を上回る売り上げになりました。

■写真7


■写真8


■写真9
竹灯篭やキャンドルを市民参加で飾り付けました。幻想的な光に魅了されました。