自然楽器でリズム遊び

2020/09/08 レポート

■助成番号
2020-6111-008

■活動種別
その他 

■実施場所
馬入水辺の楽校

■実施期間
2020年8月30日(日)

■実施団体
NPO法人 暮らし・つながる森里川海(呼称:湘南いきもの楽校)

■代表者
臼井 勝之

■本文
木のおもちゃと触れ合う木育活動に取り組んでいます。
五感を刺激し、子どもたちの脳を健全に発達させ、豊かな人間性を育む取り組みです。
この日は孟宗竹で作ったバンブードラムや拾ってきた貝殻やこするとカエルの鳴きがする自然楽器でリズム遊びを楽しみました。ほんの1時間ばかりの取り組みでしたが、みんな楽しそう。先生に誘われ、お父さんも踊りだしました。好評なので、11月に実施予定のイベント「湘南ピクニック」(仮称)でも実施する計画です。
※子ども10、大人12、講師1、スタッフ4、合計27人

■写真1
五感を育むリズム遊び。みんなで作ったバンブードラムや木琴などでリズム遊びを楽しんだ。

■写真2
孟宗竹で作ったバンブードラム。とっても暖かい音がする。

■写真3
貝殻も楽器になる。擦るとカエルの鳴き声になる。

■写真4
こちらも擦るとカエルの鳴き声がする。

■写真5
お父さんもリズム遊び。先生と一緒に踊り出す。