楠葉ワンドを観察しました

2020/01/08 レポート

■採択助成番号
2019-5412-001
 
■実施場所
楠葉ワンド(大阪府枚方市)
 
■実施期間
2019年12月22日(日曜日)8:30~13:30
 
■実施団体
高槻市立第六中学校・自然観察同好会
 
■代表者
檜山 裕美子
 
■報告タイトル
楠葉ワンドを観察しました
 
■本文
 楠葉ワンド周辺はゴルフ場がありますが、コンクリートもなく河原で活動することもできるなど、淀川では最も河川らしい状態です。本川の水位低下のため完全に干上がってしまったため、2002年から復元が行われ2009年までに8つのワンドが再生されました。しかし、環境維持がほとんど行われていないのか植物の繁茂や土砂の堆積、ゴミの漂着によって変化してきています。水のある所は半分になっています。今回はワンド、本流の水質検査とゴミ調査も行いました。
 
■写真1

2号ワンド
 
■写真2

淀川本流
 
■写真3

土砂のためワンドが見えなくなっています