イオンエコワングランプリにて内閣総理大臣賞受賞

2020/01/06 レポート

■採択助成番号
2019-5411-005
 
■実施場所
岐阜県立多治見高等学校(岐阜県多治見市)
 
■実施期間
2019年12月7日(土曜日)
 
■実施団体
岐阜県立多治見高等学校
 
■代表者
教諭 佐賀達矢
校長 鈴木彰
 
■報告タイトル
イオンエコワングランプリにて内閣総理大臣賞受賞
 
■本文
12月7日(土)にエコワングランプリ(主催イオン、毎日新聞社 後援内閣府等)の最終審査会に本校の小さな自然再生班が選ばれ、2年生の生徒が発表し、研究・専門部門で内閣総理大臣賞を受賞することができました。エコワングランプリとは、学校単位で取り組んでいるエコ活動であり、その優秀なエコ活動について表彰することで、エコ活動がさらに広がり、環境への意識がさらに高まることを目指して開催されるものです。本校は地域の問題に着目した専門性の高い活動にあたる「研究・専門文門」に応募し、応募総数117校(140テーマ)の中で1位(1位相当の内閣総理大臣賞は2点選出)に選ばれました。
 
■写真1

発表の様子
 
■写真2

大塚内閣府副大臣との受賞記念撮影