庭窪ワンド保全活動に参加しました③

2019/07/16 レポート

■採択助成番号
2019-5412-001
 
■実施場所
庭窪ワンド(守口市)
 
■実施期間
2019年07月13日(土曜日)8:30~13:30
 
■実施団体
高槻市立第六中学校・自然観察同好会
 
■代表者
檜山 裕美子
 
■報告タイトル
庭窪ワンド保全活動に参加しました③
 
■本文
 淀川では年間を通して様々な活動が行われています。クリーン活動もそのひとつです。ワンドではゴミや外来種が大きな問題になっています。
 城北ワンドでは大規模なクリーン活動が行われました。隣の庭窪ワンドでも同様の活動があり参加しました。庭窪は本流とつながっている所があり外来種も多く、上流からのゴミがたまる箇所があります。前回ゴミを回収した場所にまたゴミがたまっていました。大学生と協力し回収しました。回収は時間を決めて行います。残りは次回です。
 世界的にプラスチックが問題になっていることを考えると、安易に河川に捨てられている現実を見ると残念です。草むらにもゴミが捨てられていました。しかし、こうして回収する仲間もいると思うと元気が出ます。また、地引網では在来種の稚魚が成長していることも確認できました。たくさん大きく育ってほしいと思います。ワンドの藻も除去しました。
 
■写真1

活動のポスター
 
■写真2

活動前の集合
 
■写真3

在来種は計測し、放流します
 
■写真4

地引網のサポート
 
■写真5

ブラックバス
 
■写真6

回収したゴミ
 
■写真7

処理券が貼られたゴミ