ハグロトンボ調べ隊調査会2019に参加しました

2019/07/16 レポート

■採択助成番号
2019-5412-001
 
■実施場所
芥川【高槻市立自然博物館(アクアピア芥川)周辺】(高槻市)
 
■実施期間
2019年07月07日(日曜日)9:00~13:00
 
■実施団体
高槻市立第六中学校・自然観察同好会
 
■代表者
檜山 裕美子
 
■報告タイトル
ハグロトンボ調べ隊調査会2019に参加しました
 
■本文
 芥川に生息する黒いトンボ、ハグロトンボを捕まえてハネに印をつけて放す調査です。6月から10月まで9回予定されています。白ペンでハネに捕集した日、場所をマーキングし、調査用紙に記入して放します。後日捕集したら行動範囲、生存期間などがわかります。ヤゴの観察も行います。継続的に行なうことで芥川の環境を知る手がかりのひとつになります。芥川では最近大規模な改修工事が行なわれました。数が減っているかもしれません。今回の調査では84頭捕ることができました。まだ若いトンボが多く、今後頭数は増えそうです。今のところ芥川はトンボにとって住みやすい環境になっているようです。トンボをさわることができない生徒もいますが、この活動を通してトンボやヤゴに興味・親しみを持ってほしいと思います。
 
 
■写真1

アクアピア芥川前で予定の確認
 
■写真2

芥川に沿ってトンボを探します
 
■写真3

トンボを捕まえマーキングします
 
■写真4

マーキングと調査用紙