大阪府生徒児童発明くふう展 奨励賞受賞

2018/10/18 研究報告

■採択助成番号
2018-5412-002
              
■実施場所
大和川河口付近
 
■実施期間
2018年4月21日(土曜日)から2018年8月18日(土曜日)
 
■実施団体
大阪市立新北島中学校科学技術部
 
■代表者
出田朋邦
 
■報告タイトル
大阪府生徒児童発明くふう展 奨励賞受賞
 
■本文
 大和川の水質調査のために、川の遠く離れた場所の採水をする装置を河川基金のジュニア助成を利用して作成しました。その採水装置を大阪市中学校生徒理科研究発表会の発明工作の部で出品した後に、大阪府生徒児童発明くふう展に応募しました。
 作成した工作物を展示してもらえるから応募したのですが、結果が10月16日に毎日新聞大阪版と大阪発明協会のホームページで発表になり、優秀な作品として奨励賞を受賞しました。毎日新聞大阪版にも中学校名と作成した部員3名の名前が載りました。賞をとることは目的ではありませんが、新聞に名前が載ることによって部員たちも喜んでいます。
 採水装置1号機ですが、11月2日から4日まで大阪府生徒児童発明くふう展(場所は大阪南港のATC11階エイジレスセンター)で公開される予定です。また、開発中の2号機は11月3日(土)13時から16時にATCこどもエコクラブ交流会(場所は大阪南港ATC11階グリーンエコプラザ)で展示・発表する予定です。
 授賞式は11月4日ですが、創造アイデアロボットコンテストの試合と重なっているために欠席になります。

【部員の感想】
  • 今回の賞をもらって一番思ったのは、部活のために作ったものが賞をとってものすごくうれしく思いました。(3年Y.N)
  • 採水装置が賞をとれると思ってはなかったので、とてもびっくりしています。でもやっぱりとても嬉しいです。ありがとうございました。(2年T.T)
 
 
■写真1

採水装置1号機
 
■写真2

現在開発中の2号機
 
■写真3

大和川で実際に岸から45m地点で採水している様子
 
■写真4
WIFIタブレットで採水装置のポンプをONにしているところ
 
■写真5
ラジコンボートを動かして採水装置を採水場所に操縦している所