子どもの水辺サポートセンターからのお知らせ

報道関係者の皆様へ(川遊びの安全について) 【6/18情報更新】

2017/05/22

(公財)河川財団では河川水難事故に関する調査研究等を行っています。
また、”日本最大の川の指導者ネットワーク”である「NPO法人川に学ぶ体験活動協議会(RAC)」では、全国の川の指導者の養成等を行っています。

同じ「水難事故」でも河川と海とでは、事故の傾向と対策は異なります。
河川における水難事故を防止するには、ライフジャケットを着用することが第一です。


当財団では、河川水難事故の傾向と対策について以下のようにまとめています。
これまでも新聞やテレビ等、様々な媒体で下記資料等が紹介されています。
河川水難事故防止に是非ご活用ください。


なお、資料等を使用された場合には「出典:(公財)河川財団」を明記の上、メール等にてその旨ご一報ください。



【平成29年度(2017年度)主な報道等協力実績】 (6/18現在)
 
 
上毛新聞(2017/6/18掲載)
・【水の事故防ごう 県内 ライフジャケットの品ぞろえ充実】当財団コメントを掲載。

NHK「ニュースウォッチ9」(2017/5/22放送)
・当財団職員が、ライフジャケット着用の効果等について説明

●フジテレビ「めざましテレビ」(2017/5/8放送)
・当財団作成データ等を使用。

●TBS「あさチャン」(2017/5/5放送)
・当財団作成資料を使用。また、関連するNPO法人川に学ぶ体験活動協議会(RAC)職員が出演

●TBS「ひるおび!」(2017/5/5放送)
・当財団作成資料を使用。



【平成28年度(2016年度)主な報道等協力実績】 
 
 
中日新聞・東京新聞(2016/8/18掲載)
・【川遊び ライフジャケットを】当財団作成全国の水難事故マップ紹介及びライフジャケット着用推進に関するコメントを掲載

日経電子版(2016/8/12掲載)
・【浮輪より安全快適、海川遊びにライフジャケットの薦め】当財団作成データ及び川でのライフジャケット着用推進に関するコメントを掲載

朝日新聞デジタル(2016/8/9掲載)

・【浮く?動ける?ライフジャケット、記者が体験】当財団作成資料及びデータを使用

NHK教育テレビ「子ども安全リアル・ストーリー」(2016/8/2放送)

・当財団及びNPO法人川に学ぶ体験活動協議会が撮影に協力

朝日新聞(2016/7/31掲載)

・【流された!そのときは 力を抜いて浮いて呼吸確保】当財団作成資料及びデータを使用

●TBS「
SUNトピ(Nスタ内)」(2016/7/24放送)
・当財団作成資料(月別の水難事故グラフ)を使用

朝日新聞(2016/7/24掲載)

・【水遊び 危険に備える】ライフジャケットの着用推進や、事前情報の入手についてコメントを掲載

●日テレ「シューイチ」(2016/7/17放送)

・当財団作成資料(月別の水難事故グラフ)を使用

●NHK「ひるまえほっと」(2016/7/14放送)
・当財団作成資料を使用。関連するNPO法人川に学ぶ体験活動協議会(RAC)職員が生出演

●TBS「ニュースバード(ニュースの視点)」(2016/7/13放送)
・当財団職員が、川に潜む危険や注意点等について説明【生出演】

●TBS「あさチャン」(2016/7/8放送)
当財団職員が川に潜む危険や注意点等について説明 (長瀞にて現地取材)

TBS「Nスタ」(2016/7/7放送)
・当財団作成資料「安全な川遊びのために」や「水辺の安全ハンドブック」の映像・画像を使用

日経新聞(2016/6/20掲載)
・【子どもの水難事故 防ぐポイントは?】ライフジャケットの着用推進や、事前情報の入手についてコメントを掲載



【平成27年度(2015年度)主な報道等協力実績】
 
 
●NHK「首都圏ネットワーク」(2015/8/26放送)
・当財団職員が川に潜む危険や注意点、ライフジャケットの機能や着用方法等を解説

●NHK「首都圏ネットワーク」(2015/8/12放送)
・当財団職員がライフジャケットの機能や着用方法等を解説

●NHK「おはよう日本」(2015/8/2放送)
・「川遊び ライフジャケット着用を」をテーマに、ライフジャケットの機能等を解説
・当財団職員がライフジャケット着用推進を呼びかけ

●関西テレビ「夕方LIVEワンダー」(2015/7/30放送)
・「川や海の見えない危険」で当財団作成「安全な川遊びのために」の映像紹介

●新潟総合テレビ「FNN・NSTみんなのニュース」(2015/8/7放送)
・「川の危険性」について紹介。ライフジャケット着用を呼びかけ。

●中京テレビ「キャッチ!」(2015/8/10放送)
・「水難事故多発地点」を紹介。当財団作成「水辺の安全ハンドブック」引用

●読売新聞(2015/8/1掲載)
・「夏休み 水の事故に注意」と題し、ライフジャケット着用を呼びかけ
・当財団及びNPO法人川に学ぶ体験活動協議会(RAC)の取組を紹介

●FM FUJI「Yes!Morning」(2015/7/22放送)
・河川の水難事故防止と安全対策について、当財団職員が活動の際の注意点を電話説明

 


■映像
○安全な川遊びのために


■冊子
○水辺の安全ハンドブック(2016年版)


■場所情報
○全国の水難事故マップ(2003-2015)


■水難事故の概要資料(PPT)

(最新)
○No More 水難事故2017 -川の中と陸域にまたがる活動における水難事故を防止するための対策- (2017年6月30日発表予定)







(過年度)
○過去10年間の水難事故の概要と今後に向けた対策について (2014年発表資料)

PDF




■論文

(過年度)
○過去10年間の水難事故の概要と今後に向けた対策
(河川総合研究所報告第20号(平成27年1月)抜粋)

PDF


○水難事故防止策に関する研究~最新の動向を踏まえた手法と対策例~
(河川環境総合研究所報告第15号(平成21年12月)抜粋)

PDF


○河川水難事故の動向と河川の安全利用に向けた取り組みに関する研究
(河川環境総合研究所報告第14号(平成20年12月)抜粋)

PDF


上記資料に関する問合せは下記担当までご連絡ください。

なお、資料等を使用された場合には「出典:(公財)河川財団」を明記の上、メール等にてその旨ご一報ください。


■担当
○(公財)河川財団 子どもの水辺サポートセンター特命研究員 吉野英夫
 保有資格: RACトレーナー レスキュー3 SRT-1
○(公財)河川財団 子どもの水辺サポートセンター研究員 菅原一成
 保有資格: RACトレーナー レスキュー3 SRT-1

○平日10時から17時までの連絡先
(公財)河川財団 子どもの水辺サポートセンター
TEL. 03-5847-8307 e-mail: mizube@kasen.or.jp
URL. http://www.kasen.or.jp/mizube/