河川基金とは

河川基金とはキービジュアル

【写真】多摩川自然体験研修会

概要

 

多方面の協力により造成され、河川などの整備・利用及び河川環境に関する
調査・研究、川づくり団体の活動や河川教育を支援しています。

 河川基金(平成28年度助成事業より、名称を「河川整備基金」から「河川基金」に変更)は、民間の協力を得て河川整備を緊急に推進するため、政府の閣議了解に基づき昭和63年に設立されました。
 河川基金では、その運用益をもちいて、河川に関する様々な調査・研究、市民団体等の川づくり団体が行う河川への国民の理解を深める活動、学校教育の現場において河川・流域を通じて環境・防災・歴史文化等を学習する河川教育の支援をしてきています。

 河川基金は、よりよい" 川づくり" に役立つ様々な活動に支援を行うことにより、人々の河川への理解が深まり、人と川の良好な関係がさらに強いものとなることをめざしています。

概要

数字で見る「河川基金」

これまでに約10,350件、約117億円の助成を行っており、年間助成等事業費はベスト50に入っています。

助成件数

(昭和63年度~平成29年度)

10,350

助成総額

(昭和63年度~平成29年度)

117億円

助成等事業費

45

(「日本の助成財団の現状」より 助成財団センター調べ H26年度)

河川基金助成の3つの部門

 

  • 研究者・研究機関部門

    H29年度:98件

    河川や流域に関係する調査・研究を行う、研究者や研究機関への助成
     

    河川基金助成の3つの部門

    【助成対象研究事例】
    防火用水管理区間が外来種および在来種に与える影響

    写真提供:氷見市教育委員会

  • 川づくり団体部門

    H29年度:93件

    河川や流域への理解を深めたり、健全な姿に変えるための活動などを行う市民団体等(川づくり団体)への助成

    川づくり団体部門の写真

    【助成対象事例】
    仙台市広瀬川を原資とした観光・教育コンテンツの創出と絵地図による普及

    写真提供:カワラバン

  • 学校部門

    H29年度:36件

    学校教育現場で、河川・流域を通じて防災や環境等を学習する河川教育に取組む、小・中・高校等への助成

    学校部門の写真

    【助成対象事例】
    理科をはじめとする教科、総合的な学習の時間、学校行事、放課後サイエンスクラブなどを有機的に連携させた河川教育プログラムを実施。

    写真提供:学校法人 はつしば学園小学校

河川基金だより「RIVER FUND」

 

河川基金だより「RIVER FUND」では、様々な川づくり活動に取り組む皆様にとって、その活動の参考となるようなGood Practiceについての情報発信と共有を目指しています。(平成28年度より4月・10月発行)

 
河川基金だより 2017 37号「RIVER FUND」の写真
最新版

河川基金だより「RIVER FUND」37号(2017年10月)

「RIVER FUND」PDFはこちら

河川基金だより 2017 36号「RIVER FUND」の写真

河川基金だより「RIVER FUND」36号(2017年4月)

「RIVER FUND」PDFはこちら

バックナンバー

助成成果の普及

 

  • 成果発表会

    助成の成果は、「河川基金助成事業成果発表会」や「川づくり団体全国事例発表会」、「河川教育研究交流会」で報告しています。
    また、優秀成果に対し、表彰を行っています。
    (河川基金優秀成果の一覧を当ウェブサイトに掲載しています)

    成果発表会の画像

    平成27年度川づくり団体全国事例発表会

    詳しくはこちら

  • 研究成果表彰

    過去3年間に提出された調査・研究部門の報告の中で「河川、ダムに関する学術及び技術の進歩を通して、河川、ダム事業やそれをとりまく社会に対して卓越した功績が認められる学術貢献成果及び技術開発成果」を上げた助成研究者を表彰しています。

    成果発表会の画像

    平成26年度理事長奨励賞受賞
    石川尚人 スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH Zurich)博士研究員

    詳しくはこちら

採択一覧

 

河川基金助成のこれまでの採択一覧は以下をご覧ください。

詳しくはこちら


 

成果報告書 条件検索

 

過去の河川基金助成事業成果報告書の内容等を検索することができます。

「成果報告書 条件検索システム」へのリンク