プロジェクトWET

レポート

レポート

【レポート】プロジェクトWETエデュケーター講習会 in 四技2019

日程: 令和元年8月28日(水)13:00-17:15、29日(木)8:30~12:00
会場: 国土交通省 四国地方整備局 四国技術事務所(香川県高松市)
講師: 米田和外
 

国土交通省四国地方整備局四国技術事務所において、プロジェクトWETエデュケーター講習会が開催されました。

講習ではまず初めに、アイスブレイクとして「青い惑星」のアクティビティをし、地球の陸と海の割合を学びながら、楽しく自己紹介をしました。





 動物カードを使用して「水の住所」にて班分け・ペア作りを行い、様々なアクティビティ(「大海の一滴」・「驚異の旅」・「ちりも積もれば」・「殺人鬼は誰だ?」)をし、水の大切さ、水の循環・川の汚染・感染の恐ろしさについて学びました。
 そして、班ごとにピア・ティチングを行いました。実施内容は、①水リンピック②水差しを回そう③ハンプティ・ダンプティです。班ごとにどのような進め方にするのか議論し、資材収集・役割分担などを行い、一日目が終了しました。





 二日目には、まず「健康を守る習慣」のアクティビティを行い、ゲーム形式で感染力の怖さ、手洗いの大切さについて学びました。 そこから班に分かれ、一日目のピア・ティチングの続きとして準備を行い、実際に班による発表が行われました。どの班も工夫して楽しくアクティビティができたと思います。水の特性や水利権、自然環境を復元することの大変さを勉強できました。また、教えることや伝えることの難しさも体験できました。





 今回の講習を通じて、水にとりまく様々な問題などを学べたのはもちろんですが、指導する側としての難しさ、伝え方は何通りもあるということを学ぶことができました。今後子供達に、楽しく水のことを教えていきたいなと思いました。
 講師の先生、楽しい時間をありがとうございました。




 
  • projectwet英語サイト
  • 環境教育の人材・人材認定等事業データベース
  • Water Projectサイト
  • Project_WILD
  • ERIC 国際理解教育センター