みんな自由だ!子どもが元気だ
2021・やぎ島探検ツアー

2021/06/16 レポート

■助成番号
2021-6111-001

■活動種別
その他

■実施場所
馬入水辺の楽校

■実施期間
2021年6月12日(土)

■実施団体
NPO法人 暮らし・つながる森里川海(呼称:湘南いきもの楽校)

■代表者
臼井 勝之

■本文
子どもの時は子どもする。
6月12日、やぎ島探検ツアーはちびっ子エネルギーであふれました。川遊びは初めての子が多く、初めは恐る恐るでしたが、三森典彰講師のリードですぐになれ、「楽しい」「気持ちがいい」の叫び声が川面にこだましました。
ライフジャケットの訓練後、やぎ島に移動し、魚採りを楽しみました。ミミズハゼやゴクラクハゼ、カワアナゴやモクズガニなど、いろんな生きものがたくさん採れてみんな大満足。
楽しきかな川遊び。水辺の楽校万歳の1日となりました。
講師の皆さん、スタッフの皆さん、縁の下の力持ち、ありがとうございました。
※この日、川遊びを堪能した人(大人43、子ども51、講師3、看護師1、スタッフ8=106)

■写真1
先ずは準備体操!のびの~び。緊張気分がほぐれます。

■写真2
川に落ちた時のライフジャケットの使い方を学びました。
上を向いて後頭部を水面につけて、体の力を抜いて、足先を下流に向けて、川下に流れます。
みんなうまくなりました。何事も訓練が大切です。

■写真3
この日は水温が低く、低体温症にならないよう気配りをしました。静かになった子がいたら要注意。

■写真4
ハゼの仲間やテナガエビなど、たくさんの生きものが網に入りました。
楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。そろそろ、上陸しなければ!

■写真5
馬入川は深くて、干満の差が大きく、川に入る時は干潮時にしか入れません。
満潮時間を知らないと島に閉じ込められてしまいます。ライフジャケットも必携です。
もっと遊びたいが次回のお楽しみとなりました。

■写真6
採れたお魚の種類を学ぶ。お魚の研究者、石川先生と水木先生にいろんなことを教えてもらいました。

■写真7
今年も大人気のやぎ島探検ツアー。ちびっ子たちの笑顔に乾杯!