ウナギの棲む川づくり運動展開中!
石倉カゴ調査に多数の市民

2020/08/06 レポート

■採択助成番号
2020-6111-008

■活動種別
その他

■実施場所
馬入水辺の楽校

■実施期間
2020年8月1日(土)

■実施団体
NPO法人 暮らし・つながる森里川海(呼称:湘南いきもの楽校)

■代表者
臼井 勝之

■本文
●効果あり!石倉カゴ
絶滅危惧種ウナギの生息環境を保全しようと「石倉カゴ」を2基設置しています。
金属ネットの中に石が入っているだけの仕掛けですが、ウナギを始め多くの生き物が住み着きます。
この日もウナギ(6)、カワアナゴやテナガエビなど、多数の生き物が見つかりました。
効果絶大です!相模川にいっぱい設置し、ウナギを増やしたいと思っています。
(※石倉カゴは国土交通省の許可を受けて設置しています)

●なぜ石倉カゴを設置するのか
ウナギが減っている理由はいくつかありますが、岸辺のコンクリート護岸化など、生息環境の悪化が大きな要因となっています。
生き物が棲むためには干潟や葦原、ワンドや岸辺の穴など、多孔質空間が必要です。
護岸の根固めなどに使用してもらおうと、関係機関に働きかけています。

●昔のガキ大将が魚採りの極意を伝授
川での魚採りは初体験の子が多く、初めはおっかなびっくりですが、すぐに慣れ、熱中魚採りになります。
ただ網を入れても魚は捕まりません。網ですくうのではなく、ドロの上に網をかぶせ、泥と一緒に引き寄せ、その後、泥を水で洗うと、捕獲した魚やカニが姿を現します。
マハゼやヌマチチブ、テングヨウジ(1)や珍しいカニ「トゲアシヒライソガニモドキ」(7)、アリアケモドキなどが捕獲されました。
残念なことに外来種カダヤシが初めて見つかりました。
講師の工藤孝浩先生(神奈川県水産技術センター内水面試験場)や江ノ島水族館の伊藤寿茂先生から、お魚やカニのことなど色々と教えていただきました。

●水質検査も実施
国土交通省京浜河川事務所による水質検査も実施されました。
PHや透視度を計った結果、まずまずの水質でホッとしました。

●コロナに負けない
マスクの着用、距離2メートル、体温測定、安全管理など、神経を使う催しですが、
「楽しい」「面白い」「今度はいつやるの」の声に、全ての苦労が一掃されました。
やってよかった。おじさんパワーのエネルギーが充填される1日となりました。

※参加者:子ども19人、大人14人、講師2人、スタッフ15人 合計50人

■写真1
石倉カゴの引き揚げは大人の領分。何が入っているか期待が高まります。

■写真2
石を取り除くと、ウナギやカワアナゴなどがいっぱい入っていました。

■写真3
熱中!ワンドの魚とり

■写真4
でっかいカワアナゴにみんなびっくり!

■写真5
お魚やカニのことなど、色々と教えていただきました。

■写真6
水質検査を実施。まずまずの水質でした。

■写真7
PH測定

■写真8
汚れた体を井戸で洗いました。

■写真9
大人も子供も楽しい。ちびっ子エネルギー全開の催しとなりました。