みんなでダムすごろく大会!
治水利水を知る、学ぶ、楽しむきっかけづくり

2019/08/16 レポート

■採択助成番号
2019-6112-002
 
■実施場所
滋賀県大津市
 
■実施期間
2019年7月28日(日曜日)
 
■実施団体
びわたん
 
■代表者
北村美香
 
■報告タイトル
みんなでダムすごろく大会!治水利水を知る、学ぶ、楽しむきっかけづくり
 
■本文
 滋賀県大津市が開催している【おおつエコフェスタ】において、子どもたちをはじめ多くの方と一緒に、川を楽しみ、川から学ぶことをねらいに、現在実施されている天ケ瀬ダム再開発事業をテーマにしたオリジナルのダムすごろくを体験してもらいながら、治水利水についてのお話をして学びを深めてもらいました。すごろくの後は、に登場するキャラクターに色を塗ってもらって、缶バッジを作成しました。当日は1300人以上の方が来場され、私たちのすごろくは200人の方に体験していただけました。
 難しい言葉などが多く、難しいイメージを持たれがちな治水利水ですが、少しでも興味を持ってもらえるきっかけができたのではないかと感じています。参加してくれた子どもたちからは、「夏休みの自由研究にしたい!」との嬉しいコメントもいただけました。
 
■写真1

<あまさいスゴロク大会と缶バッジ工作>
 天ケ瀬ダム再開発すごろく大会を実施。
家族や友達、初めて出会った方と一緒に参加できるように、スタッフが進行を務めました。
缶バッジを作るころには、ダムの構造や施設の名称などを口にする子どもたちも。
 
■写真2

<ダム周辺の地域や歴史もすごろくで学べます>
 天ケ瀬ダムを中心とした周辺を楽しめる工夫も、すごろくにはしています。
家でも遊べるように、同じものの配布もしました。