プロジェクトWET

レポート

レポート

プロジェクトWETエデュケーター講習会in埼玉


      
   日  程    平成22年1月24日(日)9:30~16:45
   開催地    埼玉県自然学習センター  (埼玉県北本市)
   講  師    剱持雅信 野本優人(記)    
      
 
埼玉県北本市の平地林や里山の風景が残る埼玉県自然学習センターで講習会を実施しました。
早朝から、アリスイ、ルリビタキ、アオゲラ、クイナが見られ、500名を超すバーダーが来園していました。
参加者は会社員、公務員、NPO関係者等の11名で実施しました。

講習会は、アクティビティ6つ(ピア・ティーチングを含む)、ピア・ティーチングは3班で実施しました。
(1)青い惑星
(2)雨降って地固まる
(3)驚異の旅
(4)大海の一滴(A4用紙を使う簡易版)
(5)ハンプティ・ダンプティ
(6)ピア・ティーチング
・アクアボディ
・太古の水
・水の神経衰弱

今回、1番注目したのは、ピア・ティーチングの「水の神経衰弱」。
 米国の生活をベースにしているため、日本では見たことのない昔の水筒とか洗濯機が出ていましたので、どういう反応をするかなと思っていました。
みなさん、そつなく、こなしていたので、安心しました。

「太古の水」では、10mの長さのひもを張り、これを46億年の地球の歴史に見立て、古生代、中生代、新生代の代表的な出来事を洗濯バサミで吊るしました。
億単位の計算には計算機を使っても四苦八苦。
「0がたくさんあって難しい」との声も上がりました。
受講者のみなさん。御苦労さまでした。

最後に、「環境教育の心構え・準備」と題して、体験談を話しました。
・10年後、環境産業は今の自動車産業に匹敵するほど発展すると思われるので、先陣を切って、がんばってください。
・思い切って、1人で歩き出してみましょう。新しい世界が広がります。
と結びました。
 
  

  
  • projectwet英語サイト
  • 環境教育の人材・人材認定等事業データベース
  • Water Projectサイト
  • +ESDプロジェクト
  • Project_WILD
  • ERIC 国際理解教育センター