プロジェクトWET

レポート

レポート

第8回(平成21年度)プロジェクトWETファシリテーター講習会


 
 今回、第8回目となるプロジェクトWETファシリテーター講習会を行い、23名の方が新たにファシリテーターとしてご活躍いただけることとなりました。

1.講習会概要
 
 日  程 :    平成22年2月6日(土) 10:00 ~ 18:30    2月7日(日)  9:00 ~ 16:30
 開催場所 :    (財)河川環境管理財団 会議室 (東京都中央区) 
 主  催 :    (財)河川環境管理財団 プロジェクトWETジャパン
 講  師 :    プロジェクトWETジャパン コーディネーター 宮尾 博一
ファシリテーター 井上 博夫
 受講人数 :    24名(フォローアップ参加者1名を含む)
 
 
2.講習会の様子
 
 今回第8回目となるファシリテーター講習会は、プロジェクトWETの普及・啓発を担うファシリテーターの認定を行うとともに、プロジェクトWETの普及に関する意見交換、ネットワークづくり等を目的として開催しました。また、既にファシリテーターとなられた方に対するフォローアップ講習も兼ねて実施しました。 

 共同講師には、平成20年~21年度にかけて「プロジェクトWET学校カリキュラム適合委員会」でご協力いただいた香川県の井上博夫氏をお招きし、いくつかのアクティビティや講評等を担当していただきました。「名探偵」をアイスブレイクとして実施していただいたほか、「ハンプティ・ダンプティ」を「生態系ピラミッド」とからめていただき、「ふりかえり」部分の内容をさらに充実していただきました。 

 ピアティーチングでは前回好評であった「ゾーク星に水はある?」の他、事務局主催講習会では初めての登場となる「水の神経衰弱」「継ぎ合せよう」「太古の水」「すばらしき水紀行」などのこれまであまり使われていないと思われるアクティビティをメニューに取り入れ、オリジナリティあふれたアレンジを加えて実施していただきました。 

 意見交換の場では、幼稚園等でアクティビティを実施する際の注意点や工夫すべき点、「食」と「水」とのつながり、どのように広報をかけたらよいかといった事など様々な意見がだされました。 

 今回の講習会で実施したアクティビティの簡単な概要を記載いたしましたので、是非ご参照いただき、今後のアクティビティ実施の際に取り入れていただければと思います。 
 
講習会の様子
講習会の様子    全体集合写真
全体集合写真
 
(1)「名探偵」(アイスブレイクとして実施) p107
 
●用意した主な道具:
シール、封筒、症状カード
●概要:
同じ症状の「病気」にかかっている人を見つけ自己紹介をし、その「病気」が水に関するなんの病気かを探りました。(症状はパントマイムで表現するなど、楽しく実施しながらアイスブレイクを行っていきました。症状の紹介が進むにつれ、顔に貼る丸いシールをだんだん増やしていくなどの工夫があり、楽しく和やかに講習会がスタートしました。)
●ポイントや主な意見:
「診断書」や「聴診器」など演出用小道具が多く楽しみながら学べました。

「医者」になりきるための小道具も満載 
「医者」になりきるための小道具も満載    それぞれの症状カード
それぞれの症状カード
 
(2)「枝分かれ」(p129)&新アクティビティ試行版「流域探し」
 
●用意した主な道具:
スポンジ、トレイ、サランラップ、霧吹き、流域の白地図
●概要:
「枝分かれ」で分水嶺が分かるようにスポンジ等で地形を作り、降水がどのように流れるかを体験。その後現在開発中の新アクティビティ試行版「流域探し」で隠し絵のような流域図からその流域を探し出し、「水系」と「流域」の違いなどを学びました。
●ポイントや主な意見:
いかに「枝分かれ」で分水嶺がイメージできるかがポイントでした。ここで実践した新アクティビティは本年春以降に冊子化される予定です。

地形に雨を降らせて水の流れる様子を確認
地形に雨を降らせて水の流れる様子を確認    流域を探し出せるかな??
流域を探し出せるかな??
 
(3)「ハンプティ・ダンプティ」(p316)&「生態系ピラミッド」(井上氏オリジナル)
 
●用意した主な道具:
自然の写真、厚紙、コップ等
●概要:
「ハンプティ・ダンプティ」で一度壊された生態系や自然を元通りに戻すのは難しいということを学んだあとに、井上氏オリジナルの「生態系ピラミッド」で自然界のしくみや人の開発による影響等を学びました。
●ポイントや主な意見:
「生態系ピラミッド」の詳細は会員用ページの「学校カリキュラム適合事例集」にも掲載されています。

バラバラになった自然は元通りになるか?? 
バラバラになった自然は元通りになるか??     「生態系ピラミッド」
「生態系ピラミッド」
 
(4)新アクティビティ試行版「8人がひとりのために、ひとりがみんなのために」
 
●用意した主な道具:
透明バケツ、ヒモ、ゴム、小道具等
●概要:
水災害の際に活躍する8つの職業になりきってもらい、みんなで助け合いながら水を運ぶアクティビティ。途中各役割によって「土のう」を積む、「ケガ人カード」を「医療関係者」に渡す等の作業を行いながら、水がこぼれない(被害を出さない)ように上流から下流まで増水した水を運びました。
●ポイントや主な意見:
道具を増やす、少なくする、独自のルールを定める等をおこないアレンジの幅がひろがるようなアクティビティだと思います。今後色々なバリエーションで実施していきたいと思います。

8人でこぼさないように水を運ぶ
8人でこぼさないように水を運ぶ    助け合うことで自然と笑顔に?
助け合うことで自然と笑顔に?
 
(5)水の神経衰弱(ピアティーチング) p407
 
●用意した主な道具:
厚紙、イラスト
●概要:
昔と今の水の利用について神経衰弱を行いながら考えるアクティビティ。水を手にするための労力が減って「便利」になった分、負荷がかかった事は何か?水の使用量が増えたことによる影響は?などについて意見を出し合いました。 
●ポイントや主な意見:
未来の水の使い方を予想することで子どもたちからユニークな発想を引き出せそうです。

大人も真剣な「水の神経衰弱」 
大人も真剣な「水の神経衰弱」    未来の水の使い方を予想
未来の水の使い方を予想
 
(6)継ぎ合せよう(ピアティーチング) p174
 
●用意した主な道具:
地球儀、懐中電灯、ワークシート
●概要:
地球上の「寒い地域」、「温かい地域」というのはなぜおこるのか、熱の分布について地球儀を用いて確かめます。その後地球の各気候帯の場所を特定したり、人間がどのようにして多様な気候に適応しているかどうかを考えました。。 
●ポイントや主な意見:
四季がどのようにして起こるのか等、とても印象に残りました。。

地球のどの部分が最も光を受けるでしょうか?
地球のどの部分が最も光を受けるでしょうか?    世界の様々な民族衣装??
世界の様々な民族衣装??
 
(7)ゾーク星に水はある?(ピアティーチング) p43
 
●用意した主な道具:
オキシドール、アルコール、オイル、ソーダ水、シャボン液など
●概要:
水に似たさまざまな液体を使って実験を行い、水の特性を学びます。 
●ポイントや主な意見:
理科の実験にも使えそうな、本講習会でもとても人気があったアクティビティ。ゾーク星人になりきることが大事。 

飲める水はどれだろう? 
飲める水はどれだろう?     ゾーク星人:「水?水?」
ゾーク星人:「水?水?」
 
(8)太古の水(ピアティーチング) p171
 
●用意した主な道具:
長いヒモ、ポスターの裏紙
●概要:
地球の誕生から現在まで、水が発生した年代、生命が誕生した年代、人類が誕生した年代等をロープの長さで測り、考えました。
●ポイントや主な意見:
地学的な勉強を行いながら、地球の事、私たちのこれからの生活のことまで壮大なスケールで意見を出し合いました。

これ人類??
これ人類??    長い長い年月に思いをはせます
長い長い年月に思いをはせます
 
(9)すばらしき水紀行(ピアティーチング) p246
 
●用意した主な道具:
世界地図、ワークシート
●概要:
コロンブスやヤシの実をはじめとした様々な人・動物・モノが旅した水の軌跡を、与えられたヒントをもとに探ります。 
●ポイントや主な意見:
歴史や生物、もちろん地理にも使えるアクティビティをテレビのドキュメンタリー的に楽しく実施していただきました。 
地球のどこからどこへ旅をしたのだろう?
地球のどこからどこへ旅をしたのだろう?    洪水がやってきた!!
地理って楽しい
 
3.終わりに
 
 もともと2日間という短い時間の講習会でしたが、非常に楽しく笑いの要素を入れながらアクティビティが実施されたこともあり、あっという間に全日程が過ぎたように感じられました。 たいへん熱心で意欲的な方々ばかりでしたので、今後プロジェクトWET等を通じた水に関する教育活動の普及を一緒に行うためのネットワークが更に広がったことが大変大きな収穫でした。

 また、今回は姉妹プログラムである「プロジェクト・ワイルド」の事務局の方も受講していただきました。お互いのプログラムをよく知り、両プログラムの連携と更なる発展を期待したいと思っています。本講習会で実施した新アクティビティの試行版は本年3月6-7日に開催されます「プロジェクトWILD&WET全国大会」でも実施したいと思いますので是非ご参加ください。

 次年度も皆様の来られやすい時期を調整して開催したいと考えております。エデュケーターの方で参加を希望される方は是非「WETnews」にご登録下さい。随時情報を配信したいと思います。 
 「WETnews」の登録はこちら

 
●おまけ 
未来のお風呂は水を使わないかも?
未来のお風呂は水を使わないかも?    すばらしき水紀行
すばらしき水紀行
 
  • projectwet英語サイト
  • 環境教育の人材・人材認定等事業データベース
  • Water Projectサイト
  • +ESDプロジェクト
  • Project_WILD
  • ERIC 国際理解教育センター