プロジェクトWET

レポート

レポート

プロジェクトWETエデュケーター養成講習会in青森県(津軽会場)


 
      
   日  程    平成20年11月22日(土)
   開催地    ペンションワンダーランド  (青森県弘前市)
   講  師    高田敏幸    
      
 
 午前9時半全員集合し、開会式を行い講習会内容、目的等説明。その後「青い惑星」を地球儀を回し自己紹介し実施。
 引き続き「大海の一滴」も行い、地球の水を理解した。
 会場が狭い関係で、机上の学びをワンダーランドで行い、午後体を動かして行うアクティビティーを、近くの青少年教育施設をお借りし実施した。

 その後「雨降って地固まる」「水のオリンピック」実施した。ことわざなどで水の文化が身近にあることを感じ取ったようだ。また実際に水を使い、スポイドでの体験では、水の凝集、凝着(表面張力)の驚異に驚いていた。
 テキストを配布し、WETの目的、理解、使用方法等をレクチャーし、お昼ご飯とした。

 午後より会場を広い「青少年スポーツセンター」へ移し、「雷雨」「驚異の旅」を実施。たくさんの紙切れがまかれ驚く。
 雨のあり方を表現したことがわかり、とても興味を引いたようだ。サイコロを振りながら水の旅を体験するが、最初はなぜ「留まる」がたくさん出るのかわからなかったが、最後の種明かしで驚きと理解を示し、水のゲームとしての高さと水理解教育の実践に深く感銘していた。

 ピア・ティーチングでは、「水の住所」「水の神経衰弱」が行われた。提供したものより自分たちで実施したいものを選ばせ実施した。それぞれに実践者だけにとてもうまく進行、ファシリテ―ションしていた。
 夕刻、ワンダーランドへもどり「アクアボディー」を行い、最後の水環境を学び終了した。
 この行事はCONEリーダー養成も兼ねており、その後も自然体験の重要性、安全管理等の学習を実施した。
 
  

  
  • projectwet英語サイト
  • 環境教育の人材・人材認定等事業データベース
  • Water Projectサイト
  • +ESDプロジェクト
  • Project_WILD
  • ERIC 国際理解教育センター