お知らせ・募集案内

お知らせ・募集案内(研究・行政)

「第12回 河川財団名古屋研究発表会」開催報告

2018/12/04研究・行政

河川財団名古屋研究発表会を、平成30年11月28日に「名古屋銀行協会 会館」にて開催いたしました。
発表会には、産学官の河川技術者等総勢157名の参加を頂き活発な意見交換などが交わされました。
 
講演では「台風や集中豪雨などのメカニズムと地球温暖化に伴う将来変化」と題しまして、名古屋大学 宇宙地球環境研究所教授 坪木和久 氏による伊勢湾台風が来年60年の節目に当たることから気象変動に伴う気象予測の最新の研究について、貴重なご講演を頂きました。
 
河川財団の研究発表としまして、「産学官による循環型社会の展開」「堤防植生管理における植物成長調整剤・除草剤活用の事例報告」「河川教育事業における防災教育への取組事例」の3題を発表しました。
河川基金助成事業成果発表としまて「魚種ごとの生息量を決定づける環境要因の抽出」を土木研究所末吉正尚氏、「守れ!ふるさとのヒダサンショウウオ」を山県市立高富中学校(現 鶯谷高校)三宅遥香さんに発表していただきました。
 
気象、河川の維持管理、河川環境と幅広い分野の発表となりましたが、参加の皆様からは、最新の研究成果を知ることが出来たなどと好評をいただきました。
今後も引き続き、安全で災害に強い川・豊かで美しい川を目指し、河川に関する調査研究を行うとともに、研究発表会を通じその研究成果の普及に努めていきます。


中部地方整備局 尾藤文人河川調整官による来賓挨拶

  
坪木和久 教授の講演                土木研究所 末吉正尚専門研究員の研究発表     高校生 三宅遙香さんの研究発表

  
意見交換会風景                  意見交換会風景                  窮屈な会場でしたが熱心な聴講者