子どもの水辺サポートセンターからのお知らせ

【レポート】RAC水辺のリスクマネジメント&レスキュー3・SFRクラス講習会(6/15.16)

2018/07/12

河川財団では、川に関する調査研究や川での活動を推奨している河川財団職員向け研修として毎年「NPO法人川に学ぶ体験活動協議会(RAC)」が認定する川の指導者養成講習会を開催しています。
平成30年度は、RAC水辺のリスクマネジメント講習に加え、レスキュー3・スイフトウォーターレスキュー・ファーストレスポンダー(SFR)クラスを実施し、財団職員及び外部の方も含め18名が参加しました。

RAC水辺のリスクマネジメント講習会:NPO 法人川に学ぶ体験活動協議会(略称RAC)認定
レスキュー3・スイフトウォーターレスキュー・ファーストレスポンダー(SFR):RESCU3JAPAN認定



RAC水辺のリスクマネジメント講習でのグループワーク



全国の消防等への指導を行っている水難救助のスペシャリスト藤原尚雄氏によるRESCU3の座学



川の流れの力を利用しながら、アグレッシブスイミングにて川を渡る



大人数でスクラムを組み、浅瀬を渡る「ウェッジ法」



ラフティング用のボートを用い、陸上からロープにてボートを操作する救助方法(ティザーシステム)


講師の方々はじめ、参加者の皆様、2日間お疲れさまでした