子どもの水辺サポートセンターからのお知らせ

【レポート】平成29年度河川財団主催RAC&NEALリーダー養成講習会

2017/06/27

当財団では 河川教育の普及・促進を図る一環として、川の指導者(RAC リーダー)及び自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講習会を職員向けに毎年開催しています。

川の指導者(RACリーダー):NPO 法人川に学ぶ体験活動協議会(略称RAC)認定
自然体験活動指導者(NEALリーダー):自然体験活動指導者認定委員会認定


平成29年度の講習会(6/16、23-25)では新たに10名が RAC リーダーとなりました。
全国の消防等への指導を行っている水難救助のスペシャリスト藤原尚雄氏に安全管理の実習をご担当いただき、講習会履修科目の「川と人、社会、文化の関わり」では、慶応義塾大学名誉教授でありNPO法人鶴見川流域ネットワーキング代表の岸由二先生に「流域思考」に関する講義を行っていただくなど、川や流域の捉え方、川に親しむ際の安全管理の在り方、川と人の文化等様々な内容について学ぶ講習会となりました。




【安全対策について】 レスキュー3上級インストラクター藤原尚雄氏による実習

 



 

【川と人、社会、文化の関わり】 慶応義塾大学名誉教授岸先生による「<流域>で考える水・土砂災害」・「小網代の多自然<流域>生態系創出」




【青少年教育における体験活動】 NPO法人川に学ぶ体験活動協議会斉藤事務局長より青少年教育の意義と青少年教育における体験活動の役割を学ぶ




川の指導者としてスローロープを使用した救助法を学ぶ




【対象となる参加者を知る】 様々な活動を通じたアイスブレイク。川に学ぶ体験活動を提供する指導者としての心構え等を学ぶ。




【川という自然の理解】 埼玉県環境科学国際センター金澤光氏による投網を使った実習。川という自然における生態系を学ぶ。




川にすむ生き物を調べる活動




お世話になった民宿「長瀞荘」