【助成事業者からのお知らせ】

馬入水辺の楽校 エコアップ隊 川の自然楽校

2016/07/18 レポート

採択助成番号
28-6112-018
活動種別
その他
実施場所
馬入水辺の楽校
実施期間
2016年07月16日
実施団体
馬入水辺の楽校の会
代表者
臼井 勝之
本文
川で遊ぶ子供達のことを川ガキなどと呼びますが、今や絶滅危惧種になっています。馬入川でもその姿を見ることは稀です。それは問題だと、昔の川ガキたちが一肌脱ぎ、川の自然楽校を開催しています。
この日は、講師の三森先生から、川に落ちた時のライフジャケットの使い方などを学びました。上を向いて頭を水につけて浮く、足を下流に向けて流れるなど、川の中での動きを体感しました。ライフジャケットは川遊びには必須のアイテムです。装着していれば、大きな事故にならずに済みます。父兄の方に購入を呼びかけました。
川でプカプカを楽しんだ後は、お待ちかねの魚採り。ハゼやカワアナゴ、モクズガニなどがたくさん採れました。ライフジャケットを着用しているので、安心して見ていられます。
とにかく、子ども達は生き物が大好き。自然離れが進んでいると言われていますが、本質的な部分は少しも変わっていません。大人達がほんの少し手助けするだけで、自然離れは食い止められる。そう実感できる催しとなりました。


プカプカ川流れ。遊びながらライフジャケットの使い方を学びました


木の穴に何かがいる。ハゼかな?